2012年08月28日

9月3日より議会が始まります!質問通告を提出しました

残暑厳しい折ですが、まもなく9月定例会が始まります。

本日、一般質問の通告を出しました。

以下のような内容で、質問します。

順番は明日の議会運営委員会で、クジで決めます。


いじめが大きな社会問題となっています。

大津市は確かに問題です。

いじめはあって当たり前なので、なぜ、当初、ないという見解を出したのか、私も理解できません。

ただ、大津市の対応の是非以前の問題として、「いじめは犯罪行為だ」と、ひとりひとりの子供、ひとりひとりの保護者が自覚することがまず大事です。これを抜きにして、「学校が悪い、教育委員会が悪い」と言っても、まったく問題解決につながりません。

こういう考え方のもと、今回の一般質問で、いじめ問題を取り上げます。

 


1  総合計画の策定について



a 「まちづくりシンポジウム」の基調講演は、そのまま西東京市の総合計画の策定の考え方につながるのか。



b「課題対応」型から「ビジョン実現」型は、「高度成長期の拡大・開発基調」の単純な否定ではない。都市成熟化時代のハードのまちづくりをどう考えるか。



2  地域コミュニティについて



a
自治会・町会空白地域をどうするか。



b
三鷹市で行っているコミュニティ住区制度も、あわせて検討すべきでないか。



3  自殺予防の取組みについて



a ゲートキーパー研修の実施状況について



b 一般市民にも、ゲートキーパー研修を受けていただく必要があるのではないか。



4  市内大学との協働について



5  教員体験協定について



6  東伏見公園について



千駄山広場が、来年度より都立東伏見公園として、リニューアルオープンする。しかし、これまでも、地域住民に利用されてきた広場であることから、従来の利用実績をふまえた特色ある公園にすべきと考えるが、市長の考えを問う。



7  公立学校におけるいじめ対策について



昨年12月議会でも確認したが、再度、西東京市におけるいじめ対策のスタンスを問う。また、ネットいじめ対策はどのように進めているか。



8  がん教育について 



分子標的治療薬の登場により、飲み薬でがんを治療する時代になった。がん治療が日進月歩で進んでいるが、早期発見の切り札であるがん検診受診率が、欧米は7〜8割なのに、日本は2〜3割と低い。先進国でがん死亡が増えているのは日本だけであることから、学校でのがん教育がとても重要である。西東京市での取り組みを問う。



 



 



 



質問の相手: 市長 教育長職務代理者

posted by なおみ at 16:20| 議会報告